ヤクアランチュニック 小物

ヤクアランチュニックの余り糸で小物を編ませていただきました。

20140902-060652.jpg

帽子はkim hargreavesさんのです。


kim hargreaves precious

ミトンは三國万里子さんの木のミトンです。

最初は帽子を編みました。
ヤクアランチュニックに帽子を合わせたい!って最初から思っていて。

katは平編みの指示でした。

20140902-060730.jpg

文字だけの編み図でしたので、
パターンの繰り返しが最初からイメージできなかったので
指示通り平編みしましたが
次回は輪で編みます。

あと、ゴム編み部分と模様編み部分の針は同じ指示でしたが、
メイリはゴム編みがきゅっと縮まりにくいので、
ゴム編み部分は号数を下げたほうがよかった。

20140902-060700.jpg

KATは2本取りでメイリを48g使用しました。

帽子ができたら手袋も。。。
この手袋は1日で出来ました。

20140902-060707.jpg

三國さんの本を開くと、メイリで編んだら素敵なデザインがたくさんで
驚きます。

20140902-060740.jpg

このミトンは3本取りで47g使用しました。

20140902-060719.jpg

手袋の指を編んだのは初めて。
初めて10cmの短針を使いました。
持っているだけの宝の持ち腐れの針がやっと陽の目を見ました。

もー、感動の編みやすさ!
買っておいた私、グッジョブッ!

小物2つでちょうど100g弱、メイリ1玉。
メイリは大物も素敵だけど、小物も素敵でした。

YAK(ヤク)100%「Meili(メイリ)」100g巻コーン【 4営業日 以内に発送】

ヤクアランチュニック?ちょっとだけ工夫?

私の基本の作り目は、Cable cast onを使っています。
今回もCable cast onです。

このデザインでは、裏目での増し目があります。
表目での増し目と裏目での増し目、
同じ見た目にならないと素敵じゃないので、
Cable cast onで裏目の作り目をしました。
(本には出ていなかったので、自己流です。)

20140811-075839.jpg

左側が表目でのCable cast on。
右側が裏目でのCable cast on。

目の向きは逆になっちゃったけど、
見た目は似た感じにできたかなー。(^^♪
完全に自己満足の世界ですね。。。

20140811-075831.jpg

それから、編地のハシが見える部分はスベリ目にしました。
前後差の部分なので、編地のハシが見えます。
編地のハシが見えるデザインの場合は、
スベリ目にするのが好み。
普通に編むとハシがガタついちゃうんだけど、
スベリ目だとキレイに目が並ぶし、
編地に厚みが出て、ふっくらとします。

作り目は、この本とyoutubeを参考にしています。

ほか、ちょこちょこ工夫した点は、各パートで書いています。
これから編まれる方の参考になれば嬉しいです。

今回、テストニッターとして一足先に
編ませていただけて幸せでした。
メイリと素敵なデザインのおかげで、
3週間楽しい編み時間を過ごしました。
メイリを満喫しすぎて、さらに小物まで編ませてもらっています^^;
それは次回に。。。

応援してくださったみなさま、
素敵な機会をくださったスタジオエフさん、
本当にありがとう!

メイリのキットは9/9発売予定のようです。
10色もあるので色選びに悩みますね。
色とりどりのアランチュニックをこれから楽しみにしています。

YAK(ヤク)100%「Meili(メイリ)」100g巻コーン【 4営業日 以内に発送】

ヤクアランチュニック 完成

袖付けが終わりました。

20140830-134825.jpg

とじ方は、目と段のはぎで行いました。

縮絨方法は丁寧な指示書がありましたので、
その通りに行いました。

完成写真。
20140831-091629.jpg

横から。
20140831-091622.jpg

使用量は、442g。
指定の使用量よりかなり少な目ですね。。。
幅はいいのに、丈が全然ダメでした。

スワッチ編んだ時からタテのサイズが出ませんでした。
ヨコはちゃんとサイズ通りだったので、
タテは自重で伸びることも考えて、
ヨコ優先で針を選びました。

そのことをすっかり忘れ
なんの工夫もせずに最後まで編み上げてしまった私がダメダメでした。
ポケットの位置から袖下までのパートなら
段数を増やすことが可能です。
ここで1?2模様増やさなかったことが悔やまれます。。。

指定通り編めませんでしたが、
私が日常着るにはこの長さで良かったみたい、です。
家族が見て、その長さで良いと言ってるので、そうかなぁ。。。と。

でも、テストニットだったのに、
ちゃんと編めなくて申し訳ない気持ちでいっぱいです

スタジオエフさんの素敵モデルさんが着画写真をあげてくださるので
私の写真をあげるのは躊躇したんですが、
背のある方への参考になればと、恥ずかしながら撮りました。

20140831-091614.jpg

167cmです。
指定サイズより10cm弱丈の短い完成です。
イメージしにくいですねー。。。
すみません。。。

YAK(ヤク)100%「Meili(メイリ)」100g巻コーン【 4営業日 以内に発送】

ヤクアランチュニック そで

袖が編み上がりました。

20140828-055608.jpg

ゴム編み部分だけ、ミニ輪針を使用しました。
最初は、普通の輪針で編み始めましたが、
目数が少ないせいか、きれいに目が揃わなかったので、
ミニ輪針で編み直しました。

20140828-055704.jpg

この小さな姿がとっても可愛くて、
編んでて幸せでした。

ただ、ミニ輪針って、ちょっと編みにくいデス。。。
私は手が大きいので、なおさら。
でも、小さい輪編みは、やっぱり綺麗に編めます。
一長一短です。

模様編みは、普通の輪針で編みました。

20140828-055617.jpg

これで全部のパートが編めたので、
残すは袖付けです。

仕上げ系の作業は、できるだけ昼間にやりたいので、
土曜の朝にやろうと思います。
提出期限は9/1(月)着なので、
土曜午前中に仕上げ、午後に縮絨、日曜発送、予定です。

さて、土曜まで2日余ってしまったので、
私ももう一作品。

最初からひらめいていた作品、
kim hargreavesさんのKAT。

これ編みます。
ずっと編みたかった作品です。

ミニ輪針はKAで揃えています。

KA海外 白竹 非対称輪針23cm No.4 – No.10

糸は、スタジオエフさんのメイリ(色はベージュ)です。
キットの発売は9/9になったそうです。
どの色を選ぶか、本当に悩みますが、とっても楽しみですね。

YAK(ヤク)100%「Meili(メイリ)」100g巻コーン【 4営業日 以内に発送】

ヤクアランチュニック えり

このチュニックの素敵ポイントのひとつ、えりが編めました。

20140826-080535.jpg

こんな風に二つ折りでも可愛いし、
折らずにくしゃくしゃっと下げても可愛い。

結構、編みごたえのある二目ゴム編みでしたが、
メイリがとっても編みやすくて、
楽しく、気持よく編めました。

20140826-080527.jpg

仕上げは、大好きな二目ゴム編み止め。
普通に伏せ止めするよりは手間だけど、
仕上がりの良さは絶対だと思う。
今回も基礎本見ながら、丁寧に仕上げました。
メイリの弾力性のおかげで、二目ゴム編み止めもうまくいきました。
満足です。

次は袖です。

スタジオエフさんのメイリのベージュで編んでいます。

YAK(ヤク)100%「Meili(メイリ)」100g巻コーン【 4営業日 以内に発送】

ヤクアランチュニック パート10・ポケット…

ポケットは、このチュニックのキモです。
デザインに溶け込んでいて、
見た目すぐにはポケットがあることに気づかない。

なので、ポケットの付け方が悪くて
ポケットの入り口が開いてしまっては
デザインが台無しです。

なかなかうまくいかなくて、何回もやり直しました。
結局、半日かかっちゃいました(;_;

いろいろやってみて、
結局この方法で付けました。

まち針としつけ糸を使います。
この2つ、ハードルの高いアイテム(気持ち的に)ですが、
これを最初から使っていれば、
一回でうまくいったと思うので
面倒臭がらずに最初から使えば良かったと思っています。

まずは、ポケットの入り口を固定します。

20140825-060937.jpg

次に裏を固定。

20140825-060946.jpg

で、しつけ糸で仮止めして、(写真撮り忘れました)
ポケットがつれていないか、着用で確認してから、
縫い付けました。

ほとんどやったことのないポケット付け、
ちゃんと付けられたかは自信がないけど、
できる限り頑張ったので、今回はこれで良しです。

20140825-062621.jpg

糸が垂れ下がっている部分の上が
ポケットの入り口です。

あと1週間です。
まだまだ、難関が待ち構えているみたいですが
頑張ります!

使用糸は、スタジオエフさんのメイリのベージュです。

YAK(ヤク)100%「Meili(メイリ)」100g巻コーン【 4営業日 以内に発送】

ヤクアランチュニック パート8・9・10

肩下がり&エリぐりまで編めました。

20140824-082434.jpg

肩下がり、最初は日本式の引き返し編みをしましたが、
なんとなく気に入らなくて、
W&Tでやりなおしました。

エリぐりの伏せ目は、慎重に、
伏せ目がきつくならないように注意しました。
あとで拾い目がしやすいように。

ここまでくれば、先が見えてきました。

早くカタチが見たくて肩のハギも終えました。

20140824-082445.jpg

一部、ちょっとうまくいかなかったところがありますが、
まぁ、ここは縮絨でごまかしちゃいましょう(^_^;)

さて、次は、このチュニックのお気に入りポイントのエリです。
楽しみです。

【編み図と糸のキット】 『バックスリットプルオーバー』KIT【spun by Botto Poala S.p.A.】シルクリネン『CAMELIA(カメリア)』100gコーン×3、編み図のセット