Rams and Rowes 初フェアアイル完成レポ

IMG_3365-0.jpg

ずっと編みたいと思っていたRams and Yowesが初フェアアイル作品になりました。

Kate Davisさんの作品です。
Jamiesons and smithからキットで購入しました。→
このキットを選んだのは、この作品で使われている9色全てがナチュラルカラーだったことです。
こんなにいろんな色の羊がいることに感動します。
イギリスからは1週間ほどで届きました。

 

糸は編む順番に並べて、カゴに入れました。

 

失敗その1:針の長さ。

指定では60cmですが、持っていなかったので80cmを使用しました。
最初のうちは80cmでも問題ないんですが、編み進むうちに編みにくさが増してきます。
編み地自体が80cmないのに、80cmの輪針を使うのは、やりにくいマジックループな感じ。
マジックループで編むには80cnでは短いし、80cnいっぱいに生地を広げると裏側の糸の渡り具合の調整が上手くいかない。
とにかく編みにくい、ってことで60cmを買いました。

早く買えば良かった!

注意その1:CO

CO部分は後で縁編みをする際、拾い目をするところです。
なので、provisional COみたいな別糸の作り目の方があとで楽なように思えますが、やめた方がいいと思います。
縁編みがかなり重くて、COとBO部分は負荷がかかります。
なので、普通のCOの方がいいです。

IMG_3314.JPG

変更その1:CO数

指定ではスティーク部分は5目ですが、6目に変更しています。
三國さんやten oldさんの著書を参考にしました。
お二人とも偶数目だったからと、スティークする箇所が目と目の間の方がハサミを入れやすいような気がしたからです。

この変更その1は失敗その3もつながります。

IMG_3367-1.jpg

糸の渡し方は、ten oldさんの本とatelier knitsさんのブログを参考にしました。
atelier knitsさんのブログはこちら→

左手と右手に糸を持ち、右手が地色です。
ニットリングもこのプロジェクト用に購入しましたが、使いこなせず、今回は使用しませんでした。

糸の渡りの目数は、5目以上の時、糸を絡めました。
嶋田先生もten oldさんも5目以上と言われてましたし、
自分でもいろんな目数試してみましたが、5目以上の時が最適だと感じました。

 

失敗その2:手加減

編み込みは慣れてくるとスイスイ進み、手加減も安定してきます。でも、最初とはかなり手加減が違っていました。
かなり編んでから気付くと大惨事です。
ほぼ同じ目数で編んでいるはずなのに、まるでスカートでも編んでるかのようになっていました。
途中でサイズをマメに測らないとダメですね。

失敗その3:糸替えの場所

スティーク6目の両サイドにマーカーを置きますが、
私は糸替えをこのマーカー部分で行ってしまったのです。
これが、このプロジェクトで最大の失敗です。

slm,k3,change color,k3,slmと編むべきでした。
私は、slm,k6,slm,change colorで編んでしまったのです。

スティークは3目と3目の間(6目にした場合)で行い、
縁編みの拾い目は、マーカーを置いた位置で行います。
糸替えは結んで行いましたが、どーしてもテンションが緩みがちですし、
糸替え箇所とスティークまで3目しかなくて生地の強度に不安が残ります。
また、私のやり方だと、結び目もしくは糸始末部分が残ってしまい、
片側だけモコモコしたすっきりしない出来栄えになってしまうので、
3目、3目の真ん中で結んで糸替えして、スティークで糸替えの結び目も切り落としちゃえば良かったです。

IMG_3315.JPG

注意その2:スティークする時のスチーム

スティークする時は、スティーク部分に十分なスチームをあてて、糸を絡めます。
これはハサミを入れた時に糸がほどけないようにするために行います。
ここは重要な作業だったんですが、私はこの時調子に乗ってCOとBO部分にもスチームをあててしまいました!(←ばか)
フェアアイルの糸はスチームで簡単に糸が絡まります。
おかげでCO部分とBO部分の目を拾うときに、どこに針を入れていいかわかりにくくなってしまい、難儀しました。。。

 

11429784_938471756198733_340239750_n

IMG_3356-1.jpg

失敗その4:縁編み

縁編みは本体と同じ号数の針を使用します。目数も本体と同じです。
ガーター編みなので、当然といえば当然なのですが、本体より幅が出ます。
フリルみたいになってしまいました。
raverlyのプロジェクトページを見ても、ほとんどの作品がフリルっぽくなっているのでこれでいいのかもしれませんが、私のイメージはノーフリル。
かっちりした出来上がりをイメージしていたので少々残念。
針の号数を下げれば良かった。
この部分は好みによると思います。

IMG_3328-1.jpg

縁編みを折り返して裏側に縫い付ける際は、メリヤスハギをアレンジした感じにしました。

IMG_3364-0.jpg

失敗その5:i-codeBO
この作品は本当に凝っていて、縁編みを折り返した中心を拾い目してi-codeBOをします。
これがあるとブランケットがしまります。
なので絶対外せない工程なのですが、黒い色で編まれたガーター編みの中心をまっすぐに拾い目するなんて、ローガンにはなんて厳しい作業だったことか!(涙)
何度この工程を諦めようかと思ったか。。。
こんな目に遭わないようにするために、縁編みの途中でこの部分にライフラインを入れておくことを強くおススメします。

IMG_3358-0.jpg

ブロッキングは、本体部分だけ行いました。

IMG_3371.JPG

糸の残量の写真です。
2番目に薄いグレーだけなくなりました。
縁編みで想像以上に糸を使います。

初めてのフェアアイルは素晴らしいプロジェクトになりました!楽しかった!!

Puppyのnew3plyで三國さんの四角ショール

IMG_2597.JPG

ついつい買っちゃいました。
アマゾンがびっくりするくらい安いものだから。
一度は使ってみたいと思っていたpuppyのnew plyシリーズ。
白が欲しかったので、激安で在庫のあった3plyにしました。
5玉で1000円ちょっと。送料無料。
アマゾン、すごすぎ(^^;;

糸は柔らかかったです。編みやすそう。
このシリーズは日本製から中国製になったようなことが書かれていてのをどこかで読みましたが、うちに届いたのは日本製でした。

色によって値段が違います。色選択すると安い値段のものがみつかります。

今のところ、これで三國さんの四角ショール編もうと思っています。
新刊の表紙のような真っ白なショールが欲しくて。

【完成】『裏も楽しい手編みのマフラー』…

嶋田さんの『裏も楽しい手編みのマフラー』からWのマフラー、
出来ました。
編んだのはコチラです。

20141019-101128.jpg

20141019-101139.jpg

糸は指定糸、リッチモアのモラですが、
廃盤色を使ったので指定色とは違います。

嶋田さんのこの本からは2作品目ですが、
本当に細かいところまで手が込んでいて、
編むのは大変ですが、出来上がりは素晴らしい。

織地のような、ミッソーニのような、出来上がりです。

本ではポンポンがついていますが、
ちょっと可愛くなりすぎる感がありましたので、
それはやめました。

20141019-101148.jpg

こちらの本から編みました。
この本からはまだまだ編みたい作品があります。
素晴らしい本です。

嶋田さんの新刊、とっても楽しみにています。
レース本、きっとほとんど観賞用になりそうですが、
でも、絶対買います。

【完成】マラブリゴでLin Lin Shawl

20141012-103012.jpg

Lin Lin Shawlは3枚目です。
同じパターンを3枚も編むなんてすごいことです。
このパターンはどうしてもマラブリゴで編みたかったんです。

想像通り、マラブリゴで編んだリンリンはとっても素敵☆
大満足。

肩からかけるだけでも素敵。

20141012-102956.jpg

もちろん巻いても素敵。

20141012-103004.jpg

こんなの素敵な巻物が自分の手で作れるなんて、
編み物ができて幸せです。

糸はマラブリゴウーステッドのgarden gateを3カセ。

\半期大決算!!/【421】MALABRIGO(マラブリゴ) Worsted(ウーステッド)[毛(メリノウール)100% 並太-極太 約100gカセ(約192m) 全13色] 毛糸 ピエロ♪編み物/手編み/手芸 11/22(火)20:00→12/15(木)09:59

マラブリゴはピエロさんで買えるので嬉しいです。
リオスも11月に入ってくるみたいですね。
新色もあるみたいなので楽しみです。

ヤクアランチュニック 小物

ヤクアランチュニックの余り糸で小物を編ませていただきました。

20140902-060652.jpg

帽子はkim hargreavesさんのです。


kim hargreaves precious

ミトンは三國万里子さんの木のミトンです。

最初は帽子を編みました。
ヤクアランチュニックに帽子を合わせたい!って最初から思っていて。

katは平編みの指示でした。

20140902-060730.jpg

文字だけの編み図でしたので、
パターンの繰り返しが最初からイメージできなかったので
指示通り平編みしましたが
次回は輪で編みます。

あと、ゴム編み部分と模様編み部分の針は同じ指示でしたが、
メイリはゴム編みがきゅっと縮まりにくいので、
ゴム編み部分は号数を下げたほうがよかった。

20140902-060700.jpg

KATは2本取りでメイリを48g使用しました。

帽子ができたら手袋も。。。
この手袋は1日で出来ました。

20140902-060707.jpg

三國さんの本を開くと、メイリで編んだら素敵なデザインがたくさんで
驚きます。

20140902-060740.jpg

このミトンは3本取りで47g使用しました。

20140902-060719.jpg

手袋の指を編んだのは初めて。
初めて10cmの短針を使いました。
持っているだけの宝の持ち腐れの針がやっと陽の目を見ました。

もー、感動の編みやすさ!
買っておいた私、グッジョブッ!

小物2つでちょうど100g弱、メイリ1玉。
メイリは大物も素敵だけど、小物も素敵でした。

YAK(ヤク)100%「Meili(メイリ)」100g巻コーン【 4営業日 以内に発送】

【完成】三國万里子さんのつの靴下

新年明けてからもう9日ですね。
今年はもっとマメにブログ更新しようと思っていたのに。。。
PCに向かう時間は少なくなっていますが、その分編み物は結構編んでいます。

早速、新年最初の完成品。
三國万里子さんの『編みものともだち』より『つの靴下』です。

20140108-214110.jpg

三國さんの作品って感じ。かわいいです。

20140108-214126.jpg

足首より上の部分は平で編んで、トジハギで筒状にします。
この時点で、この編地のかわいさにメロメロ。

ただ、三國作品は、全般的に私より編む手がきつかったことを忘れていました!ゲージも取らずに編み始めた私が悪いんです。
ツノの部分は平編みなので、段数を指定より減らして帳尻をあわせ、ヒールフラップからは針の号数を6号→4号に変更しました。
これでちょうどいい感じ。

出来上がりは本当にかわいいです。
でも、年齢的に外に履いていくのはアウトですね。。。
家の中で楽しみます。

使用糸:クラッシクメリノ並太 3玉
使用針:6号&4号

【完成】テストニット矢印靴下

矢印靴下、テストニットさせていただきました。
この靴下、一目惚れです。かわいいー!
大判ショール「Flow」のデザイナー、Makiho Negishiさんの作品です。→

20131224-190348.jpg

編みこみの靴下、初めて編みました。編地がポコポコしちゃってます。
もっと上手になりたいなー。

20131224-190409.jpg

1本目は1週間かかりました。時間かかりましたねー。
でも2本目は1日で編めました。
パターンが頭に入ったのと、さすがに同じもの2回目だと、すいすい編めます。
それに、2本目の方が比べ物にならないくらい上手に編めました。

20131224-190439.jpg

もっとはっきりした色の組み合わせの方が、矢印模様がはっきりしていいかも。

20131224-190458.jpg

在庫の中でカラフルな色の糸って、ピエロさんのソフトメリノ中細だけだったので、少しかわいい感じで組み合わせました。

20131224-190531.jpg

\半期大決算!!≪50%OFF≫/【313】ソフトメリノ中細[毛(メリノウール)100% 中細 40g玉巻(約167m) 全18色]毛糸 ピエロ♪編み物/手芸/手編み/けいと 11/1(火)20:00→12/15(木)09:59

それぞれ1玉づつで、少し余ったくらい。2玉あれば編めるので、気軽。
使用針は2号でハイゲージで編みました。ハイゲージ気味の方が毛玉になりにくいって聞いたので。

このパターンは、なんと!フリーでリリースされるようですよ。
つま先から編む靴下なんですが、図解があったので、初めてでしたが問題なく編めました!
日本語のパターンです。おススメです。
リリースが楽しみです。
Makihoさん、素敵なパターン&テストニットの機会をくださってありがとうございました!